塾講師になりたいなら|自宅で簡単に検索できる

レディー

ハードな保育園の仕事

エプロン姿の男性

自分に合う仕事

就職したところが条件に合わなかった、給料が最初に聞いた額と違ったという理由で転職する人も多い。転職サイトは、そんな人たちの仕事探しをサポートしてくれるサービスである。転職サイトで紹介されている仕事のひとつに保育士がある。働く保護者の代わりに子どものめんどうを見る仕事内容で、食事や睡眠、排泄などの世話をする。保育士の仕事はハードな1面もある。ひとりのめんどうを見るのもたいへんなのに、1度に大勢の生徒を相手にしなければならない。入ってみてあまりにもたいへんで、すぐに転職を考える人もいるという。しかし、かわいい子どもに心が癒され長く続く人もたくさんいる。子どもが好きで、体力に自信のある人には合っている。

仕事内容

「保育士」の朝は意外と早い。早朝出勤の親もたくさんいるので、7時にオープンするところもあるという。保護者の出勤時間が違うので、来園時間もバラバラである。みんなが揃うまでめんどうを見るも保育士の仕事である。また、昼間はお絵かきや工作をして創造力を鍛えあげるようだ。このように仲間と接することでコミュニケーション能力も身に付く。その時間は輪投げや積み木、だるまおとしなど、伝統的なおもちゃを取り入れている保育園もあるという。また食事では、お行儀よく食べることを学び、マナーを身に付けさせる。このような片づけも子どもにとっては大切な社会勉強となる。お昼寝の時間では、絵本を読んで寝かしつけをする。その後、午後は保護者が迎えに来るまでフリータイムとなり、自由に遊ばせるのだ。