塾講師になりたいなら|自宅で簡単に検索できる

レディー

子供の未来の手助け

勉強

とにもかくにも勉強

塾の仕事は昼ごろから始まり、夜遅くに終了します。仕事内容としては、生徒に勉強を教えることが第一ですが、民間企業であるので、もちろん利益も考えなければなりません。利益を考えるということは、生徒数を増やして、教室数を増やして塾自体を大きくしていくことに繋がります。そのための手段を考えるのも仕事の一つです。質の高い授業を提供することで、口コミで広がっていくこともあります。授業の質を上げるということは、日ごろから講師の教授の仕方も分かりやすくなければなりませんので、しっかりとした授業準備が必要です。また、広告媒体を使った講習への呼び込みや、友人紹介等の促進等、生徒とのコミュニケーションを日ごろからとって、信頼してもらうことも重要な仕事です。

信頼と実績を得ること

塾で働く利点には様々な要素があります。例えば、まずひとつに給料が良い点が挙げられるでしょう。塾は生徒に授業を行うだけでなく、問題作成や答案の解答、資料の用意などをこなさなければいけません。1日あたりの労働時間は4〜5時間程度ですが、時給は他の仕事の1.5倍から2倍ほどある場合が多いのです。学問への知識が欠かせない技術職でもあるため、当然とも言える相場でしょう。また、労働時間の融通が効きやすい点も人気の一つです複数の人数の講師でローテーションする形となるため、休みたい場合には他の講師に代わってもらうことが出来ます。逆に自分が積極的に代役を引き受け、収入を増やすことも可能でしょう。生徒たちを合格に導けば大きな達成感も得られるので、金銭面以外のやりがいも大きな仕事と言えます。